ぼたもち花子のあれやこれ

育休2年目の元おデブが日々考えていることを書いています

私の思う白馬のお母様

こんにちは、ぼたもち花子です。

ブログの紹介文を考えました。

 

ぼたもち花子のあれやこれ

白馬のお母様を目指して

 

です。

 

私、白馬のお母様を目指すことにしました。

今回は、何を思って白馬のお母様という変なものを目指すことにしたのかをお話しさせてください。

 

 

「女性の生き方とは」という内容の講義を、大学で受けていたことがあります。大まかな内容としては、現在の社会は男性が作り上げたものであり、男性が有利になるように設定されている。目先の女性へのサービスに騙されるな、社会に出れば学生時代に感じたことのない男女差に遭遇するだろう、女性たちよ、強く生きよ」

という感じのものでした。

社会に出ていない女子大の学生であった私にとっては非常に刺激的で楽しい授業でした。

 

特に印象に残っているのは、教授のこの言葉です。

「現在の王子様たちは大人しく家を守ってくれる姫を求めてはいない。求めているのは姫も自身の馬に乗り、一緒に戦ってくれるような姫だ」

というものでした。

 

教授曰く、専業主婦を希望するほど結婚は遠のく。平均的な年収の男性は妻子を1人で養うことに重荷を感じている。結婚したいなら自分も仕事をしろ。

というものでした。

今聞いても、いえ、今聞くとより納得できる内容です。

 

私は働くことが好きでした。

決してできるタイプの人間ではないので、吐きそうな程しんどいこと、上司の前で号泣したことは何度もありますが、夫である太郎さんに仕事の愚痴を言ったことはほとんどありません。

ある日、太郎さんは

「楽しそうに仕事をする花子が好き」

と言ってくれました。

太郎さんは、現在の王子様タイプだったようです。

多趣味で、新しいものが好きで、これからの世の中がどうなっていくか、それに自分はどう対応していくかを考えてると生きるって楽しいよね、と思っているような人です。

 

対する私は無趣味で、新しい事には苦手意識が働き、これからの世の中などを真剣に考えたことはありません。真逆です。

 

ですが、どう考えても人生を楽しめるのは太郎さんの方です。そして、太郎さんは自分と同じ目線に私がくることを望んでいます。

 

育休前は趣味がなくても気にはなりませんでしたが、今はそうもいきません。

そんな時、太郎さんからブログをして欲しいと言われました。提案ではなく、依頼です。

 

本当は太郎さん自身がブログをしたいけど、やりたいことがありすぎて、手が回らないからブログは花子がやって欲しいと言われました。

世の中的には遅いくらいだけど、やってみてどういうものか教えてほしいということみたいです。

 

今まで沢山のものを一緒にやろうと誘ってくれました。株、ドローン、バイク、ゴルフなどなど。

どれもなかなか一緒にはできなかったのですが、ブログだけはやってみようかなという気持ちになりました。

その後は、太郎さんに急かされながら直ぐに独自ドメインを取得し、はてなブログに登録し、今に至ります。(私のブログは見ていないそうです)

お願いされて始めたことですが、今はブログでの出来事を太郎さんにお話しするのが楽しいです。ブログが趣味になりつつあります。

 

お仕事もそうですが、プライベートの面でも、太郎さんは私に自分自身の馬に乗って欲しかったみたいです。

 

なので、自分も馬に乗って太郎さんの横を走り、2人で娘もち子を引っ張れるようになりたいなと思い、白馬のお母様というものを目指す事にしました。

 

今は羊の写真を使っていますが、

いつの日か、馬に乗ったぼたもちのアイコンにできたらいいなと思います。

いつの日か、ね。笑

 

f:id:botamochihanako:20190222140023j:image