ぼたもち花子のあれやこれ

育休2年目の元おデブが日々考えていることを書いています

茅乃舎だしがおいしい!私の最強の味方について

みなさんの家庭のお味噌汁の出汁は何で取っていますか?

小学校の時、家庭科の授業でこんな質問をされました。

昆布の人ー?はーい!

鰹節の人ー?はーい!

煮干しの人ー?はーい!

 

みんな元気よく手をあげて答えていきます。

ですが私は手をあげられませんでした。

先生に、花子ちゃんのお家は何で出汁を取っているの?と質問され、私は元気よく答えました。

「粉!」

顆粒だし、ほんだしのことです。

 

その後、先生になんと言われたかは忘れてしまったのですが、家に帰って母に、

「みんなの家では昆布とか、煮干しとか、鰹節で出汁を取っているんだって。うちはなんで粉なの?」

と聞きました。すると母は、

「うちのお味噌汁はワカメが入ってるでしょ?沢山のわかめと粉から、いい出汁が出てるのよ」

と言われました。

流石母です。小学生だった私は納得しました。

 

そんな家で育った私と、ピーナッツの味の違いさえ分かる夫、太郎さん。味覚にかなりの格差があります。

 

ある日、太郎さんが言いました。

「何品もおかずを出してくれるけど、美味しいお味噌汁とおかず一品とご飯だけでいいよ、大変でしょ?」

と。

 

育休に入る以前は早く帰宅した人が晩御飯を作り、遅く帰宅した人が洗い物をしていました。

そして、育休に入ったばかりの頃、私は太郎さんに完璧な晩御飯を出すことに精を出していました。大きいおかずに、小さいおかず、昨晩の残りとお漬物など。自分は働きに出ていないのだから太郎さんに美味しい晩御飯を食べて欲しいと思い、毎日育児の空き時間を使い朝から晩御飯を作っていました。

それとは逆に、私はお味噌汁を作るのが苦手でほぼ出したことがありませんでした。

 

そして、太郎さんの言葉に戻ります。

美味しいお味噌汁とおかず一品とご飯だけでいいよ、と。

おかず一品で喜んでくれるのなら、これほど楽なことはありません。

しかし、美味しいお味噌汁。ネックはこれです。

 

私はお味噌汁はそんなに美味しいものではないと思っていました。

そして、1番美味しいと思ったお味噌汁は、かの家庭科の授業時に作った煮干しと昆布のお味噌汁です。

確か、煮干しの頭とはらわたをちまちま取って、煮て、濾して、、、そこまで手間を掛けたくありません。

他には、お店で食べるお味噌汁は美味しいと思うこともありましたが、お店はお店。自分には作れないと思っていました。

 

そして、太郎さんが言いました。

「花子のお母さんのお味噌汁、おいしいよね」

と。

ん?うちは顆粒だしだったはずでは?

と思ったのですが、確かに実家に帰った時に食べる母のお味噌汁は昔と味が違う気がします。

 

母に聞いてみました。

「今のお味噌汁って出汁はなに?」

すると母は、

「貰い物の茅乃舎だしっていうのを使ってる。

味噌はタケヤ味噌の減塩ではないやつ」

と答えてくれました。

すぐにネットで調べてみると、どうやら30パックで2000円弱。私にとってなかなかの高級品でしたが、2000円でおかずが一品でよくなるのです。むしろ安上がりなのでは?と思い、二袋購入してみました。

 

届いて直ぐに豆腐とネギのお味噌汁を作ってみました。高級な出汁を使っている以上失敗したくないので、全て分量をきちんと計りました。お味噌を入れた後も沸騰させないように気をつけました。

 

すると、とても幸せな匂いが漂い始めました。

味見をしてみると、今まで自分が作っていたお味噌汁とは雲泥の差です。(結婚前はお味噌汁を作ったことがありましたが、酷評でした)

出汁が美味しいおかげで、ネギも豆腐もとても美味しく感じました。

 

何も言わずに、太郎さんに出してみました。

献立は蓮根と豚肉の黒酢炒め、お味噌汁、ごはん、梅干し、以上です。

 

全部美味しいと言ってくれました。

こうして、汁物を作るのが苦手な私はお味噌汁をマスターしました。

 

 

茅乃舎だしが私にもたらしてくれた恩恵は以下の5つです。

美味しいお味噌汁が作れるようになった

 

おかずが一品でよくなった

 

結果、食費が下がった

 

お味噌汁への苦手意識がなくなった事で、余裕があるときは自分で出汁を取ってみようかなと思えるようになった(まだ出来ていません笑)

 

出汁を取った後の中身で卵かけご飯すらパワーアップした

 

いい事だらけの茅乃舎だし。

私にはとても美味しいお買い物でした。

 

最後に、前回の記事、『料理の感想、素直に言うか言わないか』からずっと、ほんだしをディスり続けてしまい申し訳ありません。

何だかんだ言って、あなたも私にとってなくてはならない存在です笑

 

f:id:botamochihanako:20190225193522j:image