ぼたもち花子のあれやこれ

育休2年目の元おデブが日々考えていることを書いています

一週間、ブログを書いてみた私の変化

こんにちは、ぼたもち花子です。

気がつけば、もう2月も終わりですね。

私はこの一週間、もち子が寝ると、記事を書いていました。

こんなに文章を考えたのは会社員時代もないかもしれません。それほど夢中で書きました。

育休に入り、日常的な話し相手が夫と母しかいなくなってしまった私。

そんな中、夫からブログを始めてみて欲しいと依頼されて始まったこのブログ。

何か人様の役に立つことを書けたらいいのですが、私はまず、とにかく自分のことを語りに語っています。壁に向かって喋る覚悟で書いていますが、何名かの方が読者になって下さり、驚きました。ありがとうございます。

 

私はスマホはてなアプリで記事を書いています。下書きには書きたいことがズラーっと並んでいて、いくつかを同時並行で書いています。

その中で1つの記事がこれまた、産後直後の話で、しんどかったーしんどかったーっと言っている内容です。この話は『はじめまして』の記事よりも先に書き出したのですが、情念がこもり過ぎていて中々最後まで辿り着きません。

今日も続きを考えていたのですが、一週間前とのある違いに気づきました。

 

私、心が軽くなっているみたいなんです。

思いの丈を、文章にし続けることによって、情念ではなく、何かもっと温かいものになっていました。

テンションをその記事に合わせられなくなったんです。もちろんそれでも書けるのですが、あれ?私こんな暗い記事書いていたの?と驚きました。

元々、悲しいことがあっても、腹の立つことがあっても、嬉しすぎることがあっても、自分の中だけでは抑えられず、紙に書いてやっと落ち着くという性格でした。

今までは紙やスマホのメモに書いていましたが、今はブログでそれをしている状況なんだと思います。

大してドラマティックな人生は送っていないので、情念がこもった記事はそうそう書けませんが、今しばらくお付き合い頂ければ幸いです。