ぼたもち花子のあれやこれ

育休2年目の元おデブが日々考えていることを書いています

1歳娘のお気に入り くるくるチャイムの3つの遊び方

娘、もち子の1歳の誕生日。

じいじとばあばからのお誕生日プレゼントは、『くるくるチャイム』というおもちゃでした。

NEW くるくるチャイム

 こちらのおもちゃ、上部にある穴にボールを入れるとくるくる回りながら降りていき、最後に「チーン!」と軽快な音を出して下からボールが出てくるという仕組みになっています。

私の母が選んでくれました。

選んだ理由は、母が若かりし頃ママ友の集まりに小さな私を連れて行った時、

私以外の小さな子供たちがみんなでこのおもちゃを取り囲み順番にボールを入れていくというかわいらしい光景を目にしたそうで。

赤ちゃんにはこれが受けるのね!と思ったみたいです。

私はその時はもう5歳ごろだったのでその輪には入っていなかったそうなのですが、私の妹がその一団の輪の一人だったらしく、母はこのおもちゃを強烈に覚えていたみたいです。

それでも30年近く前の話、その時と全く同じものはもう売っていなかったそうなので、似たような商品、くもん出版から出ている『くるくるチャイム』をプレゼントしてくれました。

 

早速娘にやり方を教えてみたところ、1分かからずに穴にボールを入れることができました。

5つのボールを入れて入れて、「チンチンチーン!」という音を楽しんでいました。

 

また、このボール同士がぶつかる音がすごく気持ちいいんです。

もち子は本来の遊び方よりも両手に一つづつ持ち、ぶつけてこんこんと音を鳴らすことが好きです。

ビリヤードの球がぶつかり合う音にとても似ていて耳に優しいです。

 

また、もち子はこのボールを穴に入れずにその辺に転がして壁に当たった音も楽しいみたいです。

家には常に2、3個ボールが転がっている状況で私の足元にあるときはそれをもち子の方向へ転がしてあげると大変喜びます。

もはや、ボール遊びですね笑

 

機嫌の良いときは自分一人で穴にボールを入れて遊んでくれます。

また、こちらが少しばかり心ここにあらずでも、ボールを入れるだけなので一緒に遊ぶこともハードルが低いので助かります。

 

穴に入れてくるくるする、ボール同士をぶつける、転がして遊ぶ。

おもちゃ選びに悩んでいる人にはくるチャイムおすすめです。